HAYASHI-NO-KO

南アルプス 仙丈ヶ岳(3033m)

ツツジ モチツツジ(黐躑躅)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
須磨でも咲いていた。ここでは至る所に咲く。冬はどうしてもこういう撮り方になる。モチツツジ(黐躑躅) ツツジ科ツツジ属 Rhododendron macrosepalum(2019.02.26 森林植物園)☆▲ モチツツジの花 --------------------------------------------------------------モチツツジの冬姿 去年のモチツツジ . . . 本文を読む
コメント

ズミ(酢実)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
ズミと呼ぶより、コナシと呼ぶ方が好きだ。コリンゴ、ミツバカイドウの別名もある。それでもやはり小梨。今年はここで花を見たいものだ。ズミ(酢実) バラ科リンゴ属 Malus sieboldii(2019.02.26 森林植物園)☆--------------------------------------------------------------六甲山の木々 ズミ 林檎の花 姫林檎の花 . . . 本文を読む
コメント

アケボノウツギ(曙空木 ショウキウツギ・鍾馗空木)

2019-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
2019.02.26 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

シナノキ(科の木、級の木、榀の木)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
枝が地面にまで垂れ下がって、豪勢に花を付ける。葉も濃い緑が広がって、夏には涼しげな木陰を作る。かつての正門、今は西門になっている場所にでんと居座っている。今は葉を全部落としているから貧相に見えてしまう。シナノキ(科の木、級の木、榀の木) アオイ科(←シナノキ科)シナノキ属 Tilia japonicaシナノキ、ボダイジュなどシナノキ属はアオイ科に移行している。従来の形態的な分類からは想像 . . . 本文を読む
コメント

サンザシ(山査子)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
周回路から一段高い場所、両側に育つ。果実が出来ても上の方まで手が届かない…だろう。黙って採るのはいけないことだけれど、採って行く人もたぶん居る。山の中で平気で山菜採りしている人たちは手近な場所では手当たり次第。一つや二つくらい、がいつの間にかみんなの分もにもなる。サンザシ(山査子) バラ科サンザシ属 Crataegus cuneata (2019.02.26 森林植物園)☆サンザシの . . . 本文を読む
コメント

サクラ シダレザクラ (枝垂桜)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
たぶんここでは豪勢には咲かない。植栽されてまだ時間もさほど経っていないようだ。それ以上にここはサクラを愛でる場所ではない気がする。☆▼ 枝垂れだけれど「糸桜 有馬」のプララベルが下がっている。▼(2019.02.26 森林植物園)☆枝垂れ。豪勢に花をつける枝垂れは真冬には枝が垂れているだけだ。その細く垂れている枝には花芽が点々と付いている。今年の春も人はここに集まる。シダレザクラ (枝垂桜)バラ科 . . . 本文を読む
コメント

コブカエデ(瘤楓)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
三年前の画像が二枚あるだけだ。今年は冬芽・葉痕を撮ったから同じ場所に足を運びさえすれば同じ花を撮ることが出来る。コブカエデ(瘤楓)ムクロジ(←カエデ)科カエデ属 Acer campestre (2019.02.26 森林植物園)☆▲ 花--------------------------------------------------------------コブカエデ . . . 本文を読む
コメント

コデマリ(小手毬)

2019-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
まだユキヤナギもコデマリも咲かない。コデマリ(小手毬) バラ科シモツケ属 Spiraea cantoniensis(2019.02.26 森林植物園)☆▲ コデマリはコデマリは散房花序、花柄を伸ばした花の単位で苞葉がつく。▲ ユキヤナギは散形花序、一カ所から花柄を伸ばして花が咲くから苞葉は花序全体で一つ。----------------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

コクサギ(小臭木)

2019-02-28 | 木本 冬芽・葉痕
午後になると西側の大樹の陰が伸びて、雌株の画像は撮れない。今日は雄株の画像だけになった。もう暫くはこの状態の冬芽が撮れるだろう。▲ コクサギの葉は変則的な対生。コクサギ(小臭木) ミカン科コクサギ属 Orixa japonica(2019.02.26  森林植物園)☆ 【再掲画像】 ▲ コクサギは雌雄別株、左が雌株の雌花、右が雄株の雄花。------------------------------ . . . 本文を読む
コメント

コウヨウザン(広葉杉)

2019-02-28 | 冬 樹木 果実・葉
そろそろ花粉が…と気になる木。西門に向かって緩やかな下りになる周回路の右手。針葉樹林帯になっている場所は西門から東側。幾つかの高木が並んでいる辺りでは一番目立つ茂みを作っている。コウヨウザン(広葉杉) ヒノキ(←スギ)科コウヨウザン属 Cunninghamia lanceolataAPG分類体系では、広いタイプはスギ科からヒノキ科に移動している。(2019.02.26 森林 . . . 本文を読む
コメント