HAYASHI-NO-KO

三ツ頭 権現岳 阿弥陀岳 赤岳 横岳 手前に牛首岳

イヌクグ(犬莎草・犬磚子苗)

2018-09-19 | 【独り言】
カヤツリグサはややこしいですね…と言われる。調べる手間暇も大変だし、第一花が咲かないから面白みに欠ける。そう言うなら、わざわざ珍しくも無い花さえも咲かないややこしいものなど撮らなければ良い。ネタ切れに撮るほどのものでもないし名前が面倒なら尚のこと、撮らなければ済むことだ。撮ったのなら取り敢えず調べてみる手間暇は惜しまないことだ。イヌクグ(犬莎草・犬磚子苗)カヤツリグサ科カヤツリグサ属 . . . 本文を読む
コメント

ヒガンバナ(彼岸花)

2018-09-19 | 秋 赤・桃色系
田んぼの畦。最近は観光対策?で、あちこちの畦は大賑わい。新聞ネタにもなるし、カメラも気軽に買える。いっぱしのカメラマン気取りで秋の稲刈り前に撮りに出かける。それで一人悦に入っていれば良いのだけれど必ずどこそこのヒガンバナは…と、聞きもしないのに講釈が始まる。どこにでもヒガンバナは咲いている。▲ 田んぼの畦に、園芸種を植えるのだろうか? ▼▲ 園芸種ですね…と言う人もいる . . . 本文を読む
コメント

ヒナギキョウ(雛桔梗)

2018-09-19 | 秋 青色系
キキョウソウやヒナキキョウソウより早く咲いた。桔梗色の二つはもうどこにも咲いていない。青いヒナギキョウは今もまだ咲いている。▲ 時折、白に近い花、時折、花弁4枚…▼ヒナギキョウ(雛桔梗) キキョウ科ヒナギキョウ属 Wahlenbergia marginata (2018.09.16  明石西公園)--------------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

ヒロハホウキギク(広葉箒菊)ホウキグサ・ホウキギ(箒草・箒木)

2018-09-19 | 秋 白色系
目立たない花だけれど、点々と白。草丈だけはどんどんと伸びてゆく。ヒロハホウキギク(広葉箒菊)キク科シムフィヨトリクム(←シオン)属Symphyotrichum subulatum var. sandwicensis(=Aster subulatus var. sandwicensis)(2018.09.16 明石西公園)ホウキギク(箒菊)Symphyotrichum subulatum . . . 本文を読む
コメント

ハマサオトメカズラ(浜早乙女葛) ヘクソカズラ(屁糞蔓)

2018-09-19 | 秋 樹木 果実・葉
ここは山陽電車・林崎松江海岸の駅に近い場所。下溝住宅は一部の分譲を残して、全て高層住宅に変わっている。そこに茂っているヘクソカズラ。たぶん昔からここに茂っていたのだろう。ハマサオトメカズラ(浜早乙女葛)アカネ科ヘクソカズラ属  Paederia scandens var. maritimaヘクソカズラ(屁糞蔓 Paederia scandens)の変種。(2018.09.18 林崎町)☆ . . . 本文を読む
コメント

ヘクソカズラ(屁糞蔓)

2018-09-19 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
2018.09.16 画像追加 . . . 本文を読む
コメント (4)

ハナタデ(花蓼)

2018-09-19 | 秋 赤・桃色系
ツユクサの群れの中に点々とハナタデ。イヌタデほど派手では無い。これを「野草」と区別する人もいる。雑草と呼ぶ事への抵抗なのだろう。区別して呼ばれない雑草も多いから、差別かも知れない。▲ これはイヌタデ?ハナタデ(花蓼)タデ科イヌタデ属 Persicaria posumbu(= Polygonum caespitosum 、=Polygonum caespitosum ssp. yokusaianum . . . 本文を読む
コメント

ノブドウ(野葡萄)

2018-09-19 | 秋 樹木 果実・葉
公園を北に出て、すぐに伊川に降りる。少し遡って雑草の下見。明石川との合流点まではすっかり様相が変わってしまっている。それでもノブドウは絡みつくものがないままに今年も地面に広がっている。(2018.09.17 伊川)☆殆どの果実は色変わりしていない。ここでは色彩豊かな?ノブドウの方が少数派。ノブドウ(野葡萄) ブドウ科ノブドウ属 Ampelopsis glandulosa var. het . . . 本文を読む
コメント

ニラ(韮、韭)

2018-09-19 | 秋 白色系
2018.09.16 画像追加 . . . 本文を読む
コメント

カワラスガナ(河原菅菜) 或いはナンゴクカワラスガナ(南国河原菅菜)

2018-09-19 | 草 果実・種子 イネ・カヤツリグサなど
デンジソウを見つけた田んぼの畦。片側にしか広がっていないのは水田の湿気があるからなのだろう。畦の西側は休耕田だから、水は張られていない。花序枝があることだけの区別点なのだろうか。ナンゴクカワラスガナ(南国河原菅菜)カヤツリグサ科カヤツリグサ属 Cyperus sanguinolentus form. sanguinolentusカワラスガナ(河原菅菜)Cyperus sanguinole . . . 本文を読む
コメント