HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

コノテガシワ(側柏 児手柏)

2021-06-11 | 春 樹木 果実・葉

今でも時々間違える。
コノテガシワとカイヅカイブキは見た目でも充分に違いは分かるのだけれど
何故か名前を取り違えることが多い。
このページにはもう一つ、ニオイヒバを間違えて上げてしまっている。












(2021.03.24 須磨離宮公園)
















コノテガシワ(側柏 児手柏)ヒノキ科コノテガシワ属
Platycladus orientalis (=Biota orientalis  =Thuja orientails)
(2021.06.07 西新町)


ニオイヒバ (匂檜葉、匂桧葉) ヒノキ科 クロベ属 Thuja occidentalis
(2021.04.06 西新町)


コノテガシワ「千手(センジュ)」に見る謎の樹液?
雌花に出ているのは何だったのだろう。
この手の画像を撮るときにはクローズアップレンズを付け望遠端を使う。
近寄って近接撮影していると気付くものが、家に戻ってデータ取り込むまで気付かないことが多い。
「めしべに水滴」、蜜が出ている?、おしべの花粉を確実に貰う為のもの?
-------------------------------------------------------------
冬のコノテガシワ コノテガシワ「千手」 


コメント   この記事についてブログを書く
« コメツブツメクサ(米粒詰草) | トップ | ヒメクチナシ(姫梔子、姫梔... »

コメントを投稿

春 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事