HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

オガルカヤ → メガルカヤ(雌刈茅)

2021-10-01 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など

隅櫓のある天守台跡に登る石段の途中
一段下にある南帯廓との交点にはメガルカヤがふんだん?に茂る場所がある。
南帯廓を西に歩けば石垣下にも茂っている。
こんな草、なのだけれど子どもの背丈以上に育っても刈り取られている事はない。
子どもたちが『大きなドングリやぁ~』と
毎年楽しみにしていた何本ものアベマキの大樹は悉く伐られたけれど。


▲ メガルカヤの花序は複雑で、両性小穂を雄性小穂が取り巻く形。
両性小穂には目立つ芒がある。▼



























メガルカヤ(雌刈茅)イネ科メカルガヤ属 Themeda triandra var.japonica
オガルカヤ(雄刈茅)
イネ科オカルガヤ Cymbopogon tortilis var. goeringii
別名にスズメカルカヤ
(2021.09.26 明石公園)

  
▲ ㊧森林のオガルガヤ  ㊥オガルカヤ ㊨メガルカヤ ▲
--------------------------------------------------------------
オガルカヤ(雄刈茅)メガルカヤ(雌刈茅) 四年前の小石川


コメント   この記事についてブログを書く
« メリニス・レペンス サバン... | トップ | メガルカヤ(雌刈茅) »

コメントを投稿

イネ・カヤツリグサ・シダ類など」カテゴリの最新記事