HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

クチナシ(梔子)

2022-07-15 | 夏 白色系

▲ 花が終わって、茶変していた花弁も落ちている…▲

ここには、二種類の八重咲。

花弁が多く、おしべ・めしべが開花時には見えないものと
それよりは花弁数は少ないけれけど、普通5枚を一重と呼んでいるので
それ以上はあるから八重と呼んでいる。

花弁数が少ないものは、おしべ・めしべが見えている。
見えているのだけれど、ここでは果実は見ない。










(2022.06.25 明石公園)




▲ 白い花弁に黒、目立ち始めたアザミウマの仲間 ▼





(2022.07.03 明石公園)
















クチナシ(梔子) アカネ科クチナシ属 Gardenia jasminoides f. ovalifolia
ヒメクチナシ(姫梔子、姫梔、コクチナシ/Gardenia jasminoides var. radicans)
(2022.07.12 明石公園)
-------------------------------------------------------------
 花2022 クチナシの葉2020 果実2020 ヒメクチナシ2022 



2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あきらめていましたが・・・。 (こいも)
2022-07-07 23:53:18
林の子さん
八重のお花のおしべやめしべは見えないものと諦めていました。
こちらで、八重に咲くクチナシの雌雄のしべを見させていただき
こんなに綺麗に見えることを知りました。
おかげさまで、今年はこいもなりに八重咲きのクチナシを撮ることができました。
そして、とても良い香りも感じられました。
色々とありがとうございました(^_-)-☆。
大柄の花 (林の子)
2022-07-08 09:54:41
花が大きくて、八重咲だと見ごたえがある…とおっしゃる方も多いですね。
匂いの強い花は開花前後が一番香るのでしょう。
それでも白い花弁の花は、花期の終盤には汚れが目立ちます。
果期にこの茂みをつぶさに見てゆけば、果実が見られる…と思うのですが
残念ながらここでは見つけられないままです。

コメントを投稿