HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

2021-10-07 | 秋 白色系

花の時期を外してしまった。
地面一面に広がっているガガイモの蔓や葉はまだ緑だけれど
花の咲いた形跡はない。
辛うじてネズミモチの生け垣を這っているものだけに花が僅かに咲き残っている。






▲ 花は下から順に咲き上がる。既に開花したものは色を失ってポロポロと零れ落ちる。▼





▲ この位置からだと、蘂柱(めしべ・おしべが合体)の膨らみにピントを合わせたくなる。
おしべの花粉塊が繋がっている焦げ茶の部分が見える。▼




▲ めしべにピント合わせないと間延びしてしまう。▼

(2021.09.22 船上)

果実はやっと2個、花が少ないから今年はこれでお終いになるのだろうか。












▲ 大きい花の蕊柱(おしべ・めしべの集合体でラン科等の特徴/ガガイモでは肉柱体と呼ばれる)底部に隙間が見えている。 
幾つかの解説では、隙間上部にある焦げ茶部分(クリップと呼んでいる)の両側に花粉塊があると書かれている。
これは、トウワタなどの構造と酷似している。▼





▲ 何とか出来上がっている果実 ▼





(2021.09.23 船上)










ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋、芄蘭)

キョウチクトウ(←ガガイモ)科イケマ(←ガガイモ)属 Metaplexis japonica
トウワタ、フウセントウワタ、カモメヅルなどと共にキョウチクトウ科に移されている。
(2021.10.04 船上)


▲ 右上が大きい花(両性花)、左下が小さい花(雄花) ▲
ガガイモの花には両性花と雄花が存在する。
花の蕊柱(めしべの先端が伸び出している部分)の底部に隙間が開いている。
-------------------------------------------------------------
ガガイモにナミアゲハ ガガイモの花 果実・種髪 果実から出て来た種髪 ガガイモの種髪 花の頃


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« オステオスペルマム・ | トップ | ガガイモ(蘿藦、蘿芋、鏡芋... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しいです。 (こいも)
2021-09-24 15:46:28
林の子さん
ガガイモのお花って不思議な感じがします。
見えない部分がありすぎて困ります。難しいです。
大きいお花が両性花で小さいお花が雄花なのですね。
確かに比較すると小さいお花がわかります。
こいもが見た場所には果実はなかったような気しましたが、
もう一度出向いてみたいと思います。
いつもありがとうございます。
複雑な花。 (林の子)
2021-09-24 16:30:46
大きい花、小さい花と言う表現は、両方が揃って咲いている時に感じる程度です。
おまけに飛び出しているめしべは何のためにあるのだろう?
そう感じてしまう程に、複雑な構造の蘂柱を見ると、
花数の割りには果実が少ないのが何となく分かります。
秋が深まってからも花が咲くことがありましたから、また見に行こうとは思います。
https://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/03dc9c80d9f969490a8015de5fc06278
複雑な構造の蘂柱。 (こいも)
2021-09-26 23:16:55
林の子さん
本当に難しくて複雑でとっても不思議・・・ですね。
花数の割には果実が少ないガガイモですね。
果実を見たのはいつの事だったでしょう~?
秋が深まってもお花が咲くこともあるのですね。
こいももまた見に行ってみたいと思います。
テイカカズラもお花がいっぱい咲きますのに、果実はほんの少しでした。
植物ってとっても神秘的ですね。
種子はいらない?? (林の子)
2021-09-27 06:25:46
花を咲かせるのだから種子で増えて行くのが当たり前だ…と思っていると
キョウチクトウの仲間には裏切られるようです。
分類体系でガガイモ科から大量に?キョウチクトウ科に移されたのも
たぶんこの複雑なおしべ・めしべと受粉の構造の類似からなのだと思っています。
地下茎で増えて行くので、敢えてエネルギーの必要な種子繁殖を選択していないのでしょうね。
似たような構造なのにトウワタ類は膨大な?果実・種子を作るのが不思議ですが。
ガガイモでは「肉柱体」 (こいも)
2021-10-07 12:20:14
林の子さん
ガガイモって見えない部分が見たくなる・・・とっても不思議なお花です。
お花によっては地下茎で増えるものや、種子繁殖を選択するものがある・・・
似たような構造でもトウワタ類は、たくさんの種子をつくるのですね。
みんなみんな同じようには行かないのですね。
またまた不思議でいっぱいになりました。
でも少しでも何かわかると言うことは大変嬉しいです。
肉柱体のクリップの部分の両側に花粉塊がある・・・のですね。
雌べの柱頭の先端がそれぞれの形で面白いと思いました。
もう少しこのまま見つめてみたいと思います。
ありがとうございました。
幾つもの名前。 (林の子)
2021-10-07 21:09:21
花の名前だけでも大変なのに、それぞれのパーツにも独特の名前。
それでも一つ一つのんびりと覚えて行くのがいいですね。
ただ花全体を撮ったりするだけだと、そんな面倒な用語は要らない…と仰る方も多い。
それでもやはり仕組みを少しくらいは覚えていないといい加減な画像になる。
そう思いながら面倒は敢えて避けて通らないようにしています。

コメントを投稿

秋 白色系」カテゴリの最新記事