HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ユキワリイチゲ(雪割一華)

2021-02-23 | 冬 白色系

ユキワリイチゲは広がり過ぎているけれど、今の時期だけ。
バイカオウレンが少し肩身の狭い思いをしながら咲いている。
セツブンソウはそろそろ終盤。
フクジュソウは手近な場所では枯れ葉を退けられたか少しモヤシ状態が目立つ。
大昔、ここの職員さんたちが何も無い北向きの斜面を
ご自分たちの労力提供で作り上げたガーデン。
季節の花を植える花壇、なのだけれどパンジーやストックなどは咲かない。


























(2021.02.20 森林植物園)










ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科イチリンソウ属 Anemone keiskeana
(2021.02.22 森林植物園)
--------------------------------------------------------------
森林のユキワリイチゲ 京都のユキワリイチゲ
 ユキワリイチゲ 去年のユキワリイチゲ


コメント   この記事についてブログを書く
« ユキワリイチゲ(雪割一華) | トップ | メタセコイア(曙杉) »

コメントを投稿

冬 白色系」カテゴリの最新記事