HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

レンギョウ シナレンギョウ(支那連翹)

2021-01-13 | 木本 冬芽・葉痕

テニスコートの南側、ユキヤナギの赤花種と一緒に植えられた場所。












(2021.01.04  明石西公園)

テニスコートの東側。
白の雪柳が一緒に咲く。




















シナレンギョウ(支那連翹)モクセイ科レンギョウ属  Forsythia viridissima
チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)Forsythia viridissima var. koreana
レンギョウ(連翹)Forsythia suspensa
(2021.01.13  明石西公園)

レンギョウ(葉は卵型で鋸歯がある)、シナレンギョウ(葉は長楕円形で上半分に鋸歯がある)
チョウセンレンギョウ(葉は下半分が幅広、上半分に鋭い鋸歯がある)
いずれもが中国原産種で、葉が出てからの区別が無難かも知れない。
他に日本固有種のヤマトレンギョウ、ショウドシマレンギョウがある(いずれも花、葉は未見)

 
今年は上の地図の南半分⑤以降の場所が立ち入り出来ない。⑭~⑯はその後に追記した場所。

--------------------------------------------------------------
  冬芽・葉痕 レンギョウ 小石川のレンギョウ チョウセンレンギョウ シナレンギョウ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ギシギシ(羊蹄) | トップ | ブタナ(豚菜) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小さな可愛い葉痕。 (こいも)
2021-01-12 16:02:25
林の子さん
やっぱり小さくて可愛い葉痕ですね。
もうずいぶん以前にレンギョウ・シナレンギョウ・チョウセンレンギョウの
違いを教えていただいたことを思い出しています。
春になりましたら色々見比べてみたいと思います。
待ち遠しい?寒さ。 (林の子)
2021-01-12 16:38:01
北陸・信越・東北の雪情報を聞く度に、白の世界では無く
緑が出始めているいる世界にいることに感謝?です。
コロナの話題も飛んでしまうほどの白の世界でしょうから
冬芽・葉痕、草の芽生え…などと嬉しがっていられるのも場所柄なのでしょうね。
それでも何が起きるか、どうなってゆくのか…と思い煩うこと無く
その場所で生きることを与えられている…のだと
鷹揚に構えていたいですね。
春が何処から何処までなのかも今年は分からないようですが
これとてもその場所で自然に移り変わること…と、これも鷹揚に感じていたいです。
レンギョウの幾つかも春の楽しみになりそうです。

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事