HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳(赤岳)からの権現岳、南アルプス遠望

コウテイダリア(テイオウダリア・皇帝)

2018-11-16 | 秋 赤・桃色系

好き嫌いから言うと、嫌いな花。
大輪のヒマワリ、それも何万本と言うのはもきではないけれど
ほんの数本だと懐かしい。
こちらはとにかく物珍しさからあちこちに植えられたし
木のような茎を輪切りにして水を切らさなければ節の部分から発根する。
そのことで幾つもの分家?が出来て、物珍しさから育てる人も増えた。

豪勢さが魅力の方たちにとっては、格好の材料になって久しいけれど
花後の枯れた茎や葉がみすぼらしいし草丈を伸ばしすぎると花の後始末がとにかく大仰だ。
狭い庭などには植えるものではない…気がする。
















▲ 場所がふんだんに?ある公園に、植えられ始めた。
残念ながら、支柱が必要な位の高さになる前に台風で倒れたものも多い。▼




▲ 立派な葉を支えている葉柄。▼



▲ 二度の台風で伸びていた茎は倒れ込んでいるけれど
横向きだった茎からしっかり蕾は正位置に戻り花を咲かせている。▲



▲ 倒れ込んでいなければこんな姿は撮れない。▼

コウテイダリア(テイオウダリア・皇帝)
 
キク科ダリア属 Dahlia imperialis
(2018.11.15 明石公園
--------------------------------------------------------------
去年のコウテイダリア 矮性種 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アメリカスズカケノキ(亜米... | トップ | オオカワヂシャ(大川萵苣) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗なピンク色 (こいも)
2018-11-30 00:56:05
林の子さん
コウテイダリア…立派ですね。
秋空に咲く綺麗なピンク色が素敵です。
このように撮るとより美しい皇帝ダリアになるのですね。
台風の影響を受けたからこそ見ることのできるお花・・・
とても貴重ですね。
お花の中央のしべはこの様になっているのですね。
蕾も可愛らしく…
「立派な葉を支えている葉柄」
これは力強く感動しました。
素敵な様子を見させていただきました。
ありがとうございました。
倒れても花は咲いていました。 (林の子)
2018-11-30 12:47:25
風で倒されるほどなのに、育つと大きな花。
栽培、繁殖は容易なのでしょうが、霜など寒さには弱いので冬場はもっぱら茎の一部を輪切りにして増殖。
やはり大きくても菊、ですね。
摘心すれば1㍍程度の高さで充分花を咲かせるそうですが
どこに植えられているのも二階まで伸び上がった姿ですね。
倒れても曲がりくねった茎は立派に?再生していました。

コメントを投稿

秋 赤・桃色系」カテゴリの最新記事