HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ) 

2021-09-04 | 秋 紫色系

ヤノネボンテンカ同様に、これを雑草と呼ぶと顰蹙を買う。
庭の花として植えるだろうか。
確かに鉢植えを見ることもあるし、花壇に咲いている事もある。
時にはルエリア・ツベローサが咲いているのだけれど
ヤナギバルイラソウと呼ばれていたりもする。
花はそっくり同じ、葉の幅が違うだけのことだ。




















(2021.09.01  林崎町)














ヤナギバルイラソウ(柳葉るいら草 ムラサキイセハナビ)
 
キツネノマゴ科ルエリア(ルイラソウ)属 Ruellia simplex(=Ruellia tweediana = Ruellia brittonian =Ruellia angustifolia)
イセハナビ(伊勢花火)Strobilanthes japonicus
(2021.09.04 林崎町)

【再掲画像】
 
▲ ㊧ 幅広の葉をもつルエリア・ツベローサ ㊨ ルエリア・ツベローサの蕾、果実 ▲
明石公園ではこの花に「Ruellia brittoniana」の学名表記だが、これはルエリア・ツベローサではなく、ヤナギバルイラソウの学名。
幾つかのヤナギバルイラソウ画像では葉の幅が細いものからかなり広いものまで幅があるようである。

--------------------------------------------------------------
ヤナギバルイラソウ 果実殻 ルエリア・ツベローサ ルエリア・フミリス


コメント   この記事についてブログを書く
« キンミズヒキ(金水引) | トップ | キンエノコロ(金狗尾) »

コメントを投稿

秋 紫色系」カテゴリの最新記事