HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ヌルデ(白膠木)

2021-01-16 | 木本 冬芽・葉痕

タンキリマメの種子が撮りたくて出掛けた大久保。
神戸刑務所の北にはまだ田園が広がる。
見える範囲では次々と宅地開発が進展しているのだけれど
遠目には昔のままの光景が広がっている場所。
谷八木川に向かって緩やかに下りが続く。
ヌルデ、アカメガシワ、アキニレなどの雑木がまだまだそのまま残されている。
ススキも枯れ果ててそのままだ。




























ヌルデ(白膠木)
 ウルシ科ヌルデ(←ウルシ)属
Rhus javanica var. chinensis(Rhus javanica var roxburghii)
(2021.01.14 大久保)

 
▲ 秋の果実 冬芽・葉痕 ▲
--------------------------------------------------------------
冬芽・葉痕 ヌルデの雌花 出来はじめの果実 ヌルデの果実 ヌルデの葉 冬の葉・虫コブ


コメント   この記事についてブログを書く
« ハナズオウ(花蘇芳) | トップ | ゴメイヌノフグリ(小米犬の... »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事