HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

ベニジウム(カンザキジャノメギク/寒咲き蛇の目菊)

2021-11-29 | 秋 橙色系

サンビタリア、ハルシャギクなどの花がジャノメギクと呼ばれる。
だから、区別するためにこの花をカンザキジャノメギクと呼んでいる。
真冬にも咲いている。
春になってもまだまだ咲きそうだ。
この花の蕾から開花までの様子がおもしろくて撮っている。
多分、この花の蕾を知ったのはまだ藤沢にいた頃のことだ。
明石に戻ってから、京都でその蕾を見た。

花が咲いてしまえば面白みは無いのだけれど、咲くまでの楽しみを今も感じる。






























ベニジウム(カンザキジャノメギク/寒咲き蛇の目菊) キク科ハゴロモギク(アークトチス)属 Arctotis fastuosa
以前はキク科ベニジウム属 Venidium fastuosumだったので、ベニジウムと呼ばれることが多い。
和名が長ったらしくて覚えにくい、あまり格好良くないなどの理由??で
学名の一部で呼ばれている花は多いのだけれど、変更された後に困ることになる。
ジャノメギク(蛇の目菊)キク科ジャノメギク属(サンビタリア属)Sanvitalia procumbens/Sanvitalia speciosa
  ハルシャギク(波斯菊/蛇の目菊・蛇の目草) キク科ハルシャギク属 Coreopsis tinctoria
(2021.11.28 貴崎町)


▲ ベニジウムの蕾 ▲
--------------------------------------------------------------
ベニジウムの蕾 ベニジウムの花 ハルシャギク


コメント   この記事についてブログを書く
« キンセンカ(金盞花) | トップ | キク(菊) »

コメントを投稿

秋 橙色系」カテゴリの最新記事