HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)

2022-08-05 | 複数の色 混色系

高木でも低木でもサルスベリの花は至る所に咲いている。










(2022.07.22  玉津)












(2022.08.03  貴崎町)

ムラサキサルスベリも咲き始めているけれど、これは紫色に近い花を咲かせるサルスベリ。






















(2022.07.23  林)






(2022.07.25  林)




▲ 花弁が色褪せて白っぽく見え始めると花期の終わり。▼

(2022.07.25  林)

毎年咲く白花だけれど銅葉。

▲ 白花は花期の終わりには茶変してしまう。▼





サルスベリ(ヒャクジツコウ・百日紅)ミソハギ科サルスベリ属 Lagerstroemia indica
(2022.07.26  明石公園)

こちらはムラサキサルスベリだけれど、かなり色白。


▲ 蕾の形状は交雑種らしく?、普通に見る蕾のように真ん丸ではない。▼

(2022.07.23  林)


▲ 少しだけ「紫」 花期の終わりに近いのかと思えるように白い。萎れた花弁が時に薄紫色になって残っている。▼

ムラサキサルスベリ(紫百日紅)
  ミソハギ科サルスベリ属 Lagerstroemia × amabilis
サルスベリシマサルスベリとの交雑種 → ムラサキサルスベリのページに集約
(2022.07.25  林)


▲ サルスベリの葉序の話には必ず登場する「コクサギ型葉序」▲
--------------------------------------------------------------
サルスベリ2022 果実2022 シマサルスベリ2022 ムラサキサルスベリ2022
 サルスベリ濃桃 サルスベリ薄桃 サルスベリ白 ムラサキサルスベリ コクサギ コクサギ型葉序



コメントを投稿