HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳・権現岳 

ノヂシャ(野萵苣)

2021-04-07 | 草本 芽生え・ロゼット

チシャと言うのは、レタスの意味だと聞いた。
ところがそのレタスには普通に目にする球形のもの(玉萵苣)と
葉が球形にならないもの(掻き萵苣、包菜、サンチュ)の二種が存在するそうな。

こちらは和名ノヂシャ(野萵苣)だけれど、葉は球形にはならない。










(2021.02.02  明石川)

ひと月以上が経ったけれど、まだ余り大きくは育っていない。












(2021.03.19  明石川)














ノヂシャ(野萵苣)
 スイカズラ(←オミナエシ)科ノヂシャ属
Valerianella locusta(=Valerianella olitoria)
栽培レタス(キク科アキノノゲシ属)の学名はLactuca sativa だが、
lactucaというラテン語が、英語の lettuce の語源
グリム童話にある『ラプンツェル』はノヂシャの方を指していると言われる。
(2021.03.31  西新町)


▲ ノヂシャ(野萵苣) ▲
------------------------------------------------------------
ノヂシャ ロゼット


コメント   この記事についてブログを書く
« ニシキギ(錦木) | トップ | ハナズオウ(花蘇芳) »

コメントを投稿

草本 芽生え・ロゼット」カテゴリの最新記事