HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの伯耆富士・大山

タマザキフタバムグラ(玉咲き双葉葎)

2017-09-17 | 【独り言】

余り見かけない雑草類は
同じ場所であっても何度か撮っておくことにしている。
特に空き地などに作られた花壇風のばしょでは
他から持ち込まれた植物についてきた種子が根付く。
植え込まれた花が終わっても次の花が植え込まれる保証はない。
そうして残された場所には自然に持ち込まれた雑草がそのまま居残ることになる。

ただ何時までもそのような場所が残される筈もないから
見つけた時には充分に撮っておくことにしている。




▲ クルマバザクロソウもまだまだ健在。













▲ 花冠は普通4裂、時に5裂が見つかる。















タマザキフタバムグラ(玉咲き双葉葎)
 
アカネ科フタバムグラ属 Hedyotis corymbosa(=Oldenlandia corymbosa)

(2017.09.13 船上)
--------------------------------------------------------------
タマザキフタバムグラ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フウセンカズラ(風船葛) | トップ | ヌルデ(白膠木) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事