HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

マメカミツレ(豆加密列)

2021-05-12 | 草 果実・種子

これが花、これが果実、これが果実の落ちた後…。
同じ場所でほぼ全生涯??の姿が見える。
だからどこに広がっていても同じような姿が見える。
広がる前に引き抜かれていることの方が多いし
見ていてもタダの草だから気がつかない。


▲ 小さくても菊の花、小さな花の集合体だけれど、周辺部の花に花弁は無い。▼



▲ 周辺部の花は果実を作る。めしべの柱頭が伸び始めている。▼

▲ 花を包んでいる総苞片の周囲は白く、果実が出来て下を向くと目立つ。▼





▲ 周辺部の花には果実が出来る。▼









▲ 花が咲いても、果実が出来ても、この程度の変化だからよく分からない。
周辺部の花(左下あたり)には緑色の果実が何とか見える。▼



▲ 中心部にも果実??と見えるのだけれど、残骸が見えるだけ。▲

▲ 果実が落ちてしまった花の最終形、果柄に当たる部分が円弧の形で残る。中心部の花床からも残骸は落ちてしまっている。▲
(2021.03.15 松江)

二ヶ月経ってもまだまだ花が咲き、果実ができ、種子をばら撒いている。






















マメカミツレ(豆加密列)キク科マメカミツレ属 Cotula australis
(2021.05.09 立石)
------------------------------------------------------------
マメカミツレ マメカミツレ ロゼット


コメント   この記事についてブログを書く
« ミノボロモドキ(蓑襤褸擬き) | トップ | ボリジ(瑠璃萵苣・ルリチシ... »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事