HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

キバナコスモス(黄花コスモス)

2022-08-05 | 複数の色 混色系

コスモスがもてはやされていた頃、それよりも少し前に咲くこの花は
かなりひどい扱いを受けていた気がする。
色は橙色ばかりで、時折黄色も咲くには咲いていたけれど
一面のオレンジ色は、コスモスの色とりどりと比べられて肩身は狭かった。
花は咲き始めから終わりまで同じような姿では見られないのだけれど
一面のオレンジでは立場はなかった。

ここでは黄色も咲くのだから何とか消えずに咲いている。
それでも相変わらずの声も聞こえる。
植えるならコスモスにしてほしいわねぇ~。
















▲ 何万本植えました…、そんな一面のオレンジ色ではない。
何万本植えて豪華さを競うような花でもない。▼












▲ 総苞片は内側と外側に6~7枚並ぶ ▼

(2022.07.29 新明町)






キバナコスモス(黄花コスモス)
 キク科コスモス属 Cosmos sulphureus
オオハルシャギク(普通、コスモスと呼ばれているもの)Cosmos bipinnatus
(2022.08.03 貴崎町)


-------------------------------------------------------------
キバナコスモス2022 黄色のキバナコスモス2020 コスモス(オオハルシャギク)2022 
キバナコスモスにオオスカシバ2020



コメントを投稿