HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

サクラ ジュウガツザクラ(十月桜)

2021-10-22 | 秋 白色系

須磨のジュウガツザクラは早々と終わり。
かなりの花数だったようで、樹全体が花殻を残しているから薄茶色に見える。
若宮神社の境内に植えられたジュウガツザクラはまだ幼木だけれど
細い枝先に花を咲かせはじめた。














































(2021.10.15  林)

須磨の桜終わると、暫くはここの桜。






ジュウガツザクラ(十月桜) Cerasus × subhirtella 'Autumnalis'(=Prunus × subhirtella f. Autumnalis)
エドヒガンとマメザクラとの交配種コヒガンザクラ(小彼岸桜/Cerasus × subhirtella)の園芸品種とされている。
有名な高遠城址の春を飾っている「高遠コヒガンザクラ」は、高遠固有のコヒガンザクラと言われている。

(2021.10.19  林)
------------------------------------------------------------
ジュウガツザクラ 須磨の秋   シキザクラ・ジュウガツザクラ
ブログ記事一覧-HAYASHI-NO-KO (goo.ne.jp)



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« サツマイモ(薩摩芋) | トップ | コセンダングサ(小栴檀草) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
十月桜。 (こいも)
2021-10-16 12:26:33
林の子さん
この時期の桜ってまた格別です。
今年は出かけられずに十月桜も見ることができませんでした。
ふんわ~り...桜のお花に癒されています。
とても幸せな気分になりました。
アパートの隣。 (林の子)
2021-10-16 15:37:08
30年近い関東生活から明石に帰った折に、借りていたアパートの隣。
桜の古木が一本植えられていたのですが、五年前に玉垣沿いに、何本かが植樹。
その一本がこのジュウガツザクラで、古木が花を咲かせるまでの間
ポツリポツリと花を咲かせてくれるようになりました。
まだまだ幼木ですから、豪勢に花をつけることはありませんが
半年近く楽しませてくれます。

コメントを投稿

秋 白色系」カテゴリの最新記事