HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

ナンテン(南天) 

2022-01-11 | 冬 樹木 果実・葉

▲ 葉も真っ赤になった。▲

葉はまだまだ緑だけれど果実が出来はじめている。

雑草では無いから雑木と言うのだろう。
鳥が果実を食べて、糞に混じって硬い種子を零す。
それで何処にでも点々と育つのが雑木と言うそうだ。
雑草と同じで、やはりそれぞれに名前がついている。

これは、だからナンテンの果実、誰が植えたものでもない。


▲ 春の花、花被片は6枚あるが早い時期に脱落する。おしべ6本にめしべが包まれている。▼

▲ 蕾を見るとどこまでが白い花弁で何処までが萼片なのかよく分からない。
鱗状に何層にもなっているのが萼片だろうけれど。▼

(2021.06.20 明石公園)


▲ 未熟な果実、花が咲いても全部が実を結ぶことは無い。▼



▲ この状態のまま秋を迎えて、果実は赤く色づき、葉も色づく。▼

(2021.07.27 明石公園)

樹高は3メートル近い。
今までこれほどの樹高になったナンテンは見たことが無い。


▲ 巨大な、と表現したくなるようなナンテン 樹高は3メートル以上はあるだろう。▼











(2021.11.28 松江)


▲ びっしり花が咲いても雨ざらしでうまく受粉出来なかったものも多い。▼



▲ 果実の先端にはめしべの柱頭が残る。種子は半円形で二個。▼



▲ ナンテンの葉は幾つもの小葉からなる羽状三出複葉。▼



▲ これで一枚の葉 ▲
(2021.12.02 大道町)








ナンテン(南天) メギ科ナンテン属 Nandina domestica
(2022.01.10 小久保)

 
▲ ナンテンの小葉が落ちた痕 三出複葉の大きな葉だから痕も大きい。▲


 ▲ ナンテンが書かれた6円切手 ▲
--------------------------------------------------------------
ナンテン(南天) ナンテンの花 ナンテンの果実 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ユキヤナギ(雪柳)  | トップ | ハキダメギク(掃溜菊) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春のお花 (こいも)
2021-12-17 18:03:46
林の子さん
春のお花を見られたのですね。
6枚の花被片、雄しべ6本に包まれている雌しべ、鱗状に何層にもなっている萼片、
可愛いお花ですね。
未熟な果実は見たことがあるません。
とっても素敵ですね。
マッチ棒のような部分は、受粉できなかった果実なのですね。
ここを見ればよくわかりますね。
来年はこの素敵な色合いの果実を見てみたいです。
それからお花も・・・・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
葉は羽状三出複葉ですね。
大きな葉が落ちると、大きな痕がのこるのですね。
色々教えていただきました。ありがとうございました。
身近にあれば。 (林の子)
2021-12-17 18:13:25
意外に身近に?あるものは、いつも見ているようであまり詳しく?は見ないですね。
近くにあれば、時々はのんびり出来るときに眺めていると違ったものが見つかります。
葉が落ちた痕などは、普通は一枚ものの葉を見ていると、
何枚もの集まりを「一枚の葉」と言われても面食らいます。
ハリエンジュ(ニセアカシア)や、ネムノキ、メタセコイアなども
幾つもの小さな葉が集まってそれが「一枚の葉」になっているので
やはり一つ一つ、のんびり構えて見ているのが良いでしょうね。

コメントを投稿

冬 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事