HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ハギ ミヤギノハギ(宮城野萩)シラハギ(白萩)

2021-10-09 | 複数の色 混色系

ちょうど4年前に撮っている。








































(2021.09.26 明石公園)












シラハギ(白萩)マメ科ハギ属 Lespedeza thunbergii 'Albiflora'(=Lespedeza japonica 'Albiflora'
=Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form albiflora) 
ミヤギノハギの改良種と覚えたが今では諸説。

ミヤギノハギ(宮城野萩)
マメ科ハギ属 Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii form. thunbergii
(2021.10.07 明石公園)

【萩の特徴について 葉、花序などの抜粋】
ヤマハギ 頂小葉は大きく、葉全体も大型。萼裂片の先は尖るが萼筒よりは短い。
ツクシハギ ヤマハギより葉は厚く、葉先は少し凹む。萼裂片の先は鈍頭。
ミヤギノハギ 小葉は先端が尖り、他に比べて細長い印象。萼裂片は先端が長く伸び萼筒よりも長い。
マルバハギ 花序は葉より短いので花も葉も枝に密着する感じ。
葉の先端は普通凹み、丸い。


▲ ミヤギノハギが植栽されている場所では、時折花弁に赤色が混じるものもある。▲
-------------------------------------------------------------
ミヤギノハギ シラハギ キハギ 二年前の果実


コメント   この記事についてブログを書く
« ボントクタデ(凡篤蓼) | トップ | ネムノキ(合歓木) »

コメントを投稿

複数の色 混色系」カテゴリの最新記事