HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ヤブガラシ(藪枯らし) 

2021-07-25 | 草 果実・種子

色とりどりの花が咲いていますねぇ…。
何が??と思うのだけれど。


▲ 蕾は黄緑、花弁とおしべが揃っている頃の花盤は橙色、落ちると橙色が薄くなり薄桃色になる。
これを以て、色とりどり?? ▼




▲ 花弁、おしべは早く落ちる、午後には落ちてしまい花盤も橙色が薄くなる。▲







▲ 果実は見えず、花盤も落ちて茶色くなる。これだけ花が咲いたのに…と思うほどに。▼

▲ 短い花柄や花序枝に半透明の真珠玉(真珠腺)が辛うじて見えている。▼



▲ ヤブガラシに限らず、花序枝が三叉しながら広がってゆく種類では、分岐箇所に花を付けることも多い。
分枝側に養分を渡す必要があるためにたいてい花数は少ない。トウダイグサの杯状花序の分岐部分、ハツユキソウなどにも見られる(↓)。▲



▲ 数日後には花盤も色褪せて枯れ落ちている。▼



ヤブガラシ(藪枯らし) 
ブドウ科ヤブガラシ属 Cayratia japonica

【2倍体、3倍体、4倍体】
生物は次世代に種を残すために減数分裂して種子を残す。
2倍体の配偶子はn+n=2n 4倍体は2n+2n=4n なので、減数分裂して2倍体同士であれば一つのnと別のnが合体して2n。
ところが、2倍体と4倍体が合体すると、n+2n=3nとなり配偶子が奇数になり3倍体になる。
その結果、正常な減数分裂は起こらなくなり、結果として種子が出来ない事になる。

(2021.07.23  明石公園)

 
▲ 分岐ヵ所の花 ▲
--------------------------------------------------------------
ヤブガラシ アオツヅラフジ ヘクソカズラ エビヅル ノブドウ 
果実が出来ない理由の説明、二倍体、三倍体の違い 溢出現象(溢液現象)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« サルスベリ(ヒャクジツコウ... | トップ | ユウゲショウ(夕化粧) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とっても綺麗~~~。 (こいも)
2021-07-30 01:42:37
林の子さん
蜜が溢れて・・・何とも素敵です。
これからも色々なところを見つけて楽しみたいと思います。
真珠腺ももっと綺麗に撮りたいです。
果実ができない理由・・・難しくてよくわかりません。
果実ができるヤブガラシは何処にあるのでしょう?
果実・・・見てみたいです。
ヤブガラシの果実 (林の子)
2021-07-30 10:05:39
現物を見ない限りは「こんな場所にあります」などとは言えないでしょうね。
植物内部で起きている配偶子の組み合わせ結果が果実で
果実が出来ない理由は奇数だから正常に減数分裂出来ない…と
言葉だけで説明され、一部には図解はされているのですが
やはり現物を確認しないことには何とも言えないですね。
確かに画像には一度きりしか残していないので余計にそう思います。

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事