HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ツノハシバミ(角榛)

2021-02-23 | 木本 冬芽・葉痕

殆ど大きくはなっていない。
それでも毎年この木の冬芽を撮る。
雄花が数本、ぶら下がっている。






























ツノハシバミ(角榛)
 カバノキ科ハシバミ属 Corylus sieboldiana
ナガハシバミの別名もある。
セイヨウハシバミ(西洋榛/Corylus avellana)の果実はヘーゼルナッツと呼ばれている。
ハシバミ、ツノハシバミの果実は小さい。
(2021.02.20 森林植物園)

 
▲ ツノハシバミの雄花と雌花 この雌花が狙い目 ▲

▲ 別の場所に育つ、ハシバミの冬芽 ▲
-------------------------------------------------------------
ツノハシバミ(角榛) セイヨウハシバミ 京都のページ 北山のページ
京都のカワラハンノキ  鳥羽のハンノキ
ハシバミ(榛)


コメント   この記事についてブログを書く
« ネコヤナギ(猫柳) | トップ | ツツジ モチツツジ(黐躑躅) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事