HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ナルトサワギク(鳴門沢菊)

2021-10-06 | 【独り言】

野辺の雑草は帰化植物も含めて殆どが「悪者」扱いされるし
間違いなく広がってはいけないものもあるし、それでも勝手に広がる。
方や、花壇の花はしっかり選別育成されて優等生揃いだし
他人様に見せるには見栄えもいいから少しお高いのよ…などの自慢話?のネタにもなる。
それでもどれがどのような氏素性を持つものかなど
栽培する人には余り関心の無いことだろうし、時には要注意と名指しされているものでさえ
ちゃっかりと花壇に収まっていたりする。
売る方も買う方もそんなことなど知ったことでは無いのだろう。
時には庭が狭いから…と育てていたもの、増えすぎたものを、勝手に空き地に植える御仁も居るそうだから
この国でのガーデニングは勝手放題の何でも寄せ植えになっている。
挙げ句に花には罪は無い、花泥棒にも罪は無い??
























(2021.07.03 船上)




















(2021.09.23 南王子町)












(2021.09.29 南王子町)




ナルトサワギク(鳴門沢菊)
 キク科キオン属 Senecio madagascariensis
(2021.10.04 船上)


▲ 栽培?? そう感じてしまう場所。▲
--------------------------------------------------------------
冬に咲いていたナルトサワギク 淡路のナルトサワギク
 今年のナルトサワギク ナルトサワギク(鳴門沢菊) 


コメント   この記事についてブログを書く
« フウセントウワタ(風船唐綿) | トップ | コミカンソウ(小蜜柑草) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事