HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

ヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉 ヒマラヤシーダー)

2017-10-23 | 番外編 不明植物など

台風であちこちの大樹が倒れたり枝が折れたりしている。
須磨のヒマラヤ杉は、離宮時代に植えられたもの。
今までに何度の台風に遭っただろう。
神戸でもかなりの風が吹いた今回の台風。

頂点近くの太い幹も折れてしまったようだ。


▲ 正門前の歩道橋から。

▲ 正門からすぐに右折する道は閉鎖されている。


▲ かなりの本数の太い枝が折れてしまっている。









▲ 離宮時代に植えられた…との由来が書かれた説明板。

▲ 折れた一番太い枝。枝と言うよりも幹のように見える。

▲ 積み上げられた枝。
ヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉)
 マツ科ヒマラヤスギ属 Cedrus deodara
(2017.10.24 須磨離宮公園)

--------------------------------------------------------------
去年の雄花 須磨のヒマラヤ杉 夏の姿

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アゼガヤ(畦茅) | トップ | ラクウショウ(落羽松) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヒマラヤスギ (とんちゃん)
2017-10-25 08:49:37
まさかヒマラヤスギがこのような姿をさらすことになるなど予想もできなくて・・・
いかに台風の影響が大きくひどかったかということを物語っているようです
本尊のように大事にされていたでしょうにとても残念に思います。

呼ばれて足を運びました。 (林の子)
2017-10-25 10:46:35
かなりの風が夜半吹いていたので気にはなりましたが、まさかここまで…という状況でした。
ラクウショウも未熟な果実が折れた枝と一緒に落ちて、葉も緑のままに周囲を埋めていました。
自然災害だけは、人智を超えている…と
樹木の被害だけに目を奪われている人間の気持ちの狭さを思い知らされました。
度重なる災害にも無力だし…。
それでも植物は自力で復活出来るものと出来ないものがあるのでしょうね。

コメントを投稿

番外編 不明植物など」カテゴリの最新記事