HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ゼフィランサス・シトリナ

2021-09-27 | 秋 黄色系

田んぼの畦にずらりと並んでいた、筈だ。
殆どは果実ができ、既に種子もこぼれ落ちている。
黄色だからキバナタマスダレ、確かにそう名付けられていたら良かったかも知れない。
先着順?に名前が振られるから、困ったことも次々起きる。
花の名前だから余計にいい加減なことを書かれると困る、らしい。
この花には「黄花サフラン擬き」なる何とも奇っ怪な名前も付けられている。


















(2021.09.18 林崎町)


(2021.09.19 林崎町)










ゼフィランサス・シトリナ
 ヒガンバナ(←ユリ)科ゼフィランサス属 Zephyranthes citrina
キバナサフランモドキの解は、同属のゼフィランサス・カリナタ(桃色花)をサフラン擬きと呼ぶ事からだろう。
何とも奇っ怪な和名を付けて呼ぶくらいなら、学名で呼ぶ方がマシだ。

花壇の花には、ノトスコルダム・モンテビデンセ(Nothoscordum montevidense/偽ニンニクなる和名)
(2021.09.26 田町)


▲ キバナタマスダレ(ステルンベルギア・ルテア/Sternbergia lutea) ▲
--------------------------------------------------------------
タマスダレ ゼフィランサス・カリナータ(サフランモドキ) ゼフィランサス・シトリナ


コメント   この記事についてブログを書く
« ススキ(芒、薄) | トップ | ノゲイトウ(野鶏頭) »

コメントを投稿

秋 黄色系」カテゴリの最新記事