HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

セイタカハハコグサ(背高母子草)

2018-01-22 | 草 ロゼット・芽生え

生長したものの草丈は、チチコグサモドキよりも高くなる。
チチコグサにしてもハハコグサにしても名前負け?する雑草。
ハハコグサは田畑に育つけれど、こちらは空き地に広がる。








▲ この状態から左右に匍匐茎を伸ばして大きく広がってゆく。















セイタカハハコグサ(背高母子草) キク科ハハコグサ属
Pseudognaphalium affine(=Gnaphalium luteoalbum)

ハハコグサ(母子草)
Pseudognaphalium affine(=Gnaphalium affine)
(2018.01.20  和坂・林崎町)


【再掲比較画像】

左が違った印象を受けるセイタカハハコグサ、花色は薄茶色
右側が普通に見るハハコグサ、花色は黄色
--------------------------------------------------------------
セイタカハハコグサ春のハハコグサハハコグサ・チチコグサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クズ(葛) | トップ | タネツケバナ(種漬花) »

コメントを投稿

草 ロゼット・芽生え」カテゴリの最新記事