HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

ヒメガマ(姫蒲) ガマ(蒲)

2022-08-11 | 茶色系

▲ 毎年見かける公園内の土砂だまりのガマ ▲

チョウトンボが飛び交うのだけれど、背景には使いづらいのがヒメガマ。
おまけにここではアシが枯れ残っていたりもする。
枯れ残ったアシにトンボがとまるから撮っている。
鳥や昆虫を熱心に撮ろうとも思わないから仕方ない。








▲ まだまだ花粉を出し続けている雄花序 ▼





▲ ヒメガマの雄花序(上)と雌花序(下)の間にはこの程度の隙間 ▼





▲ 上部の雄花序は花粉を飛ばし終える頃には黄色から茶色に変わる。▼





(2022.07.01 明石公園)

見かけることは少なかったけれど、土砂だまりのヒメガマ














ヒメガマ(姫蒲)Typha domingensis(ホソバヒメガマ/Typha angustifolia)
コガマ(小蒲)Typha orientalis
(2022.07.09 明石川左岸)


▲ 雄花序のあった部分だけが残り、下部の雌花序は少し太って来た。
両者の間に隙間が無いからこれはガマ ▼




▲ 手入れされなくなって久しい。ガマとヒメガマに占拠されている。▼

ガマ(蒲)
ガマ科ガマ属 Typha latifolia
かつては子どもたちが浅い水に入って遊んでいた場所。ここには北側にガマ、南側にヒメガマが増え続けてしまっている。
(2022.08.09 明石公園)


▲ ガマ(奥)とヒメガマ(手前)が同居する所が一か所ある ▲
--------------------------------------------------------------
ガマとヒメガマ2021 ヒメガマ 綿毛2021 ガマ綿毛2020 須磨のガマ2018



コメントを投稿