HAYASHI-NO-KO

皆生海岸からの大山

マンテマ

2021-01-12 | 草本 ロゼット・芽生え

ここは河川敷の中ではシロバナマンテマよりもマンテマの方が多かった場所。
今年は立ち入り禁止区間になってしまったから
シロバナマンテマを撮る場所は公園だけになってしまいそうだ。
ロゼット、芽生えの頃は区別しずらい…と思いながらも
花が咲いてからもう一度検証しないといけない。






▲ 左にはキュウリグサのロゼット ▲



▲ 若い葉だけれど、葉柄、主脈に赤紫。これが区別点になるかどうかはわからない。▼







▲ この河川敷では、マンテマ、シロバナマンテマの双方が育っているし
両者の交雑??と思しきものも入り混じっている。▼

▲ 大きな葉はヘラオオバコ、小さなロゼットはオランダミミナグサ。▲
マンテマ
 ナデシコ科マンテマ属 Silene gallica var. quinquevulnera
(2021.01.10 明石川)

 
▲ 左はマンテマ 右はマンテマとの交雑種??と思しきモノ、河川敷で増えている。▲

 
▲ 懐かしい?キンギョソウの果実 ▲
果実を覆っていた萼が役目を終える頃、すべすべの果殻が現れる。マンテマ、シロバナマンテマの果実も同じだ。
-------------------------------------------------------------
マンテマ マンテマの果実 シロバナマンテマ シロバナマンテマの果実 
マンテマとシロバナマンテマのロゼット 


コメント   この記事についてブログを書く
« センダン(栴檀) | トップ | スズメノヤリ(雀の槍) »

コメントを投稿

草本 ロゼット・芽生え」カテゴリの最新記事