HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)

2021-09-14 | 秋 赤・桃色系

最初はヤハズソウ優勢だったこの空き地だけれど
今は殆どマルバヤハズソウが占めている。


▲ 全草、マルバヤハズソウ。この程度の広がりが何カ所にも散らばっている。▼















▲ ヤハズソウほどには立ち上がらないけれど、立ち上がった茎には僅かばかりの上向きの毛が見える。▼



▲ 毛が疎らなので茎の茶色がよく分かる。下の画像のヤハズソウは茎が白っぽく見える程に毛が多い。















マルバヤハズソウ(丸葉矢筈草)
Kummerowia stipulacea(=Lespedeza  stipulacea)
(2021.09.13 明石西公園)

 
▲ マルバヤハズソウ 旗弁の桃色がスッキリしている。右はヤハズソウで葉が縦長、葉先が尖り気味で旗弁の桃色と盾の筋が混じって見える。▲
--------------------------------------------------------------
ヤハズソウ マルバヤハズソウ ネコハギ メドハギ ハイメドハギ 


コメント   この記事についてブログを書く
« ヤハズソウ(矢筈草) | トップ | ブタクサ(豚草) »

コメントを投稿

秋 赤・桃色系」カテゴリの最新記事