HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2023-01-25 | 冬 青色系

▲ ここでは春。▲

草むらは緑だけれど、早く広がりすぎた葉は寒さ焼けで赤紫。


(2023.01.06 明石公園)

陽だまりではもう春。
数日後には10年に一度の寒波、平地でも雪の予報。
それでも陽だまりは春。

春と同じで、花を撮るよりも花冠が抜け落ちた後に残っているめしべを捜している。












































▲ もう果実が膨らんでいる。▼



オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica
(2023.01.24 鳥羽)


▲ 『星の瞳の雅名にふさわしい花が咲いています…』、だそうだ。わざわざそう呼ばれると気持ちが悪くなる。
-----------------------------------------------------------
オオイヌノフグリ2022  0116 0209 0216 0228 0311 0322 0405 花・めしべ 果実・種子
昔の画像 2013.02 2013.03

ブログ記事一覧-HAYASHI-NO-KO (goo.ne.jp)



コメントを投稿