HAYASHI-NO-KO

南アルプス悪沢岳(3141m)からの富士山

イタチハギ(鼬萩 クロバナエンジュ・黒花槐)

2019-01-14 | 木本 冬芽・葉痕

ここには流れ着いた種子?からだろう
イタチハギ、センダン、アキニレが同じ場所に育つ。
奇妙な空間だけれど、伐採される気配はなさそうだ。

その木にマメアサガオやヘクソカズラが絡みついている。






























イタチハギ(鼬萩 クロバナエンジュ・黒花槐)
 マメ科イタチハギ属 Amorpha fruticosa
(2019.01.13 明石川)


▲ 果実が残っていた頃

--------------------------------------------------------------
二ヶ月前のイタチハギの冬芽 花の頃 芽生えの頃 冬芽・葉痕

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« オオイヌタデ(大犬蓼) | トップ | ヘクソカズラ(屁糞蔓) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事