HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

メタセコイア(曙杉)

2021-02-23 | 木本 冬芽・葉痕

葉がすっかり落ちて枝だけになったメタセコイアとラクウショウ。
樹形の違いは遠目では枝振りだけでも区別出来そうだけれど
近くに寄って、冬芽の姿で区別する。




















(2021.02.20  森林植物園)






メタセコイア(曙杉) ヒノキ(←スギ)科アケボノスギ属 Metasequoia glyptostroboides
APG分類体系ではスギ科はヒノキ科に移行している
(2021.02.22  森林植物園)


▲ 葉が全て散り敷く直前、小葉が落ちた後が白い。冬芽も上がっている。▲

▲ 西公園正門付近のメタセコイア 現在立ち入り禁止で閉門だが門外からでも撮ることは出来る一本 ▲
--------------------------------------------------------------
  西公園の果実 森林植物園のメタセコイア 須磨のメタセコイア 秋色 果実殻と冬姿
メタセコイア(曙杉)ラクウショウ(落羽松)
ラクウショウ 新林のラクウショウ 森林植物園のラクウショウ


コメント   この記事についてブログを書く
« ユキワリイチゲ(雪割一華) | トップ | ラクウショウ(落羽松) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事