HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳・権現岳 

イヌノフグリ(犬の陰嚢)

2021-03-03 | 春 赤・桃色系

築後25年、震災の年の暮れに建て直された家も
外装部分を含めてリフォームが続く。
一番良く使われているキッチンだけが残っていたけれど
三月に入ってリフォーム着手、4日までの工期だから外出自粛。
その間にもイヌノフグリは次々と花を咲かせている。




























(2021.03.01 林)




▲ 出来たてのイヌノフグリ ▼

イヌノフグリ(犬の陰嚢)
 オオバコ(←ゴマノハグサ)科クワガタソウ属 
Veronica didyma var. lilacina
(2021.03.03 林)

 
▲ イヌノフグリの花と果実  この果実の様子を牧野が「イヌノフグリ」と名付けたから、今でもそう呼ばれている。
オオイヌノフグリばかりが改名推進論者に語られているのだけれど、これが元祖イヌノフグリ。
ご存じないのかも知れないから、この花の名前を改名しましょう…なんて声は聞こえないから安心?だ。▲
---------------------------------------------------------
イヌノフグリ2020 20200215 20200205 20200128 20200130 20200229 20200303 20200303 20200317
イヌノフグリ 21010212 21010212 21010217 21010226


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« スノーフレーク | トップ | 新見 まんさく園の花 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
元祖イヌノフグリ。 (こいも)
2021-03-03 16:45:50
林の子さん
イヌノフグリ・・・最初に見たこのとても小さくて可愛いお花が忘れられません。
7年も前の4月…ほとんど何も知らない頃のことです。
友人に連れて行っていただいた里山で色々な植物に出逢いました。
とっても懐かしく見させていただきました。
ありがとうございました☆*(o⌒∇⌒o)☆ 
雑草畑 (林の子)
2021-03-03 18:06:06
鉢植えやプランター、花壇を手入れして、季節の花を育てる趣味は全く無いので
専ら野辺の雑草、時折気に入った花、かなり偏った撮り方なのですが
野辺の雑草にもお気に入りがあるので、種子を観察した折りに
そのまま自宅の「雑草畑」に放り投げています。
中にはしっかりとそこで居場所を確保して毎年広がるので
時間の無いときなどはそこで撮っています。
このイヌノフグリもいつの間にか見つかりにくくなった雑草の一つなので
出てくるのを楽しみにしています。
出会いの最初の頃は、間違えてタチイヌノフグリの桃色種をイヌノフグリと思ってしまったこともありました。

コメントを投稿

春 赤・桃色系」カテゴリの最新記事