HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

ヒメキランソウ(姫金瘡小草)

2021-06-16 | 夏 紫色系

「金瘡」は中国語、「刀傷・かたなきず」の意味
切り傷にこの葉を潰して塗ると薬効がある…そうだ。

他にも「地獄の釜」など、幾つもの別名があるそうだけれど
わざわざ人に教える為だけに覚える必要も無いことだと思う。
そのキランソウよりも大きい…と感じるのだけれど
つけられている名前はヒメキランソウ。




























ヒメキランソウ(姫金瘡小草)
シソ科キランソウ属 Ajuga pygmaea
キランソウ(金瘡小草) シソ科キランソウ属 Ajuga decumbens
(2021.06.11 硯町)
--------------------------------------------------------------
公園のキランソウ 須磨のキランソウ キランソウ 去年のキランソウ
セイヨウキランソウ(西洋金瘡小草 セイヨウジュウニヒトエ/十二単)


コメント   この記事についてブログを書く
« ヒペリカム・パルツム ヒデ... | トップ | マルバマンネングサ(丸葉万... »

コメントを投稿

夏 紫色系」カテゴリの最新記事