HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)

2021-09-27 | 【独り言】

イネ科、カヤツリグサ科にはきれいな姿・形の花は咲かない。
種を作って子孫を残すための仕組みの中で
進化したものだろうから、目立つものは要らない。
だから見た目だけの繕いを愛でるには不向きな植物だし、面白くもない。
おもしろくもないのを画像として残してどうするの?と問われる。
おもしろくもないのだろうけれど、面白いと思う人もいる。
























チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)
イネ科チョウセンガリヤス属 Cleistogenes hackelii
ササガヤ(笹萱・笹茅)イネ科アシボソ属 Microstegium japonicum
アシボソ(脚細)イネ科アシボソ属 Microstegium vimineum
(2021.09.26 明石公園)

  
--------------------------------------------------------------
新緑? 枯れ姿 秋の終わり 冬枯れの頃 新しい芽、花 チョウセンガリヤス(朝鮮刈安)


コメント   この記事についてブログを書く
« メリケンカルカヤ(米利堅刈萱) | トップ | カラスノゴマ(烏の胡麻) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事