HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

ホシアサガオ(星朝顔)

2021-09-17 | 秋 赤・桃色系

咲き始めていたマメアサガオに近寄ろうとして、危うくスズメバチの大きな巣に触れるところだった。
危険を冒してまで撮らないといけないこともなかろうと別の場所で咲くのを待っている。
いつもホシアガオは、その白花より少し遅れて咲き始める。
ところが一日花だし、昼前には萎んでいることの多い花。
「やはり
朝顔だ…」と、小さき花でも妙に納得できる。


▲ メマツヨイグサに絡まって伸び続け、それでも足りずに幾つかの蔓が寄り集まってまだまだ伸び続けている。▲

▲ この場所ではエノコログサ類が枯れ始めている。その細い茎にも絡み付きながら広がっている。▼









































▲ 同じ雑草でもマメアサガオは白一色、こちらは花冠の周辺部が赤紫、中心部が濃い赤紫。▼



▲ 雑多な草むらに遠慮なく広がることが出来るのは蔓性雑草の特権?? 


ホシアサガオ(星朝顔)
  ヒルガオ科サツマイモ属 Ipomoea triloba
(2021.09.16 明石川・硯町)
--------------------------------------------------------------
去年の終章 ホシアサガオ 今年のマメアサガオ イモネノホシアサガオ マルバルコウソウ
サツマイモの花


コメント   この記事についてブログを書く
« キンエノコロ(金狗尾) | トップ | チョウジタデ(丁字蓼) »

コメントを投稿

秋 赤・桃色系」カテゴリの最新記事