HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

アゲラティナ・リグストリナ

2021-07-18 | 夏 白色系

冬には綿毛が飛び交っていた。
フジバカマやヒヨドリバナの綿毛を彷彿とさせてくれていた。
その木にまた花が咲き始めている。
少しだけ綿毛の名残もある。




















アゲラティナ・リグストリナ
 キク科アゲラティナ属 Ageratina ligustrina
(2021.07.17 明石公園


ユーパトリウム・ルゴサム「チョコレート」
  Ageratina altissima(=Eupatorium rugosum, E. ageratoides, Ageratum altissimum)
銅葉アゲラタム(園芸種名・チョコレート)と呼ばれていたものは、現在ではアゲラティナ属と改称されている。
ところがややこしいのが現在も「ユーパトリウム」と呼ばれている種類の花は
コノクリニウム(エウパトリウム・ヒヨドリバナ)属に改称されている。
Conoclinium coelestinum(=Eupatorium coelestinum)
つまりは、フジバカマが属している植物群には、Eupatorium、Conoclinium、Ageratinaの三つが存在する事になる。

------------------------------------------------------------
アゲラティナ・リグストリナ
【不明の花から判明したもの】
プレクトランサス・アルゲンタツス アルカネット(Alkanet) クフェア・ランセオラタ(ランケオラータ) 
不明の草 スティパ・テヌイッシマ タムノコルツス・インシグニス


コメント   この記事についてブログを書く
« スイレン(睡蓮) | トップ | イソトマ »

コメントを投稿

夏 白色系」カテゴリの最新記事