HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

ハクウンボク(白雲木)

2021-02-23 | 木本 冬芽・葉痕

冬芽探しをしていて枝の皮膜が剥がれる様子が奇妙な画像になる。
光を翳した状態の小枝を撮るのは、かなり厳しい条件が要る。
だからいつも狙い通りには行かないけれど、何枚も撮っている。














(2021.02.20 森林植物園)


















▲ これはすぐ横に育つツクバネの冬芽・葉痕 ▲
ハクウンボク(白雲木)  エゴノキ科 エゴノキ属 Styrax obassia
ツクバネ(衝羽根) ビャクダン科ツクバネ属 Buckleya lanceolata
(2021.02.22 森林植物園)


▲ ハクウンボク、光が無いと撮れない画像。▲
------------------------------------------------------------
冬芽・葉痕 2019-2020
冬のハクウンボク 早春のハクウンボク 果実 三年前の冬芽 冬のハクウンボク
 ハクウンボク(白雲木)


コメント   この記事についてブログを書く
« ハクウンボク(白雲木)ハシ... | トップ | バイカオウレン(梅花黄連) »

コメントを投稿

木本 冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事