HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

キンギョソウ(金魚草)

2021-08-07 | 草 果実・種子

確かに最初撮ったのは偶然だった。
真夏の須磨離宮公園、神戸化石展のお手伝いで別会場が温室二階だった。
クーラーの調子が良かったから時々は暑さを求めて?室外に出ることもあった。
そこにプランターの中に金魚草が何株か育っていた。
暑さと負けて水不足だった事もあって
果実の出来つつある何本かの茎が折れたりしていた。
中には折れたように下向きのものもあった。
上向きだったら気付かなかっただろう。
たまたまそこに居合わせた中学生に教えることにした。
見たとたん、飛び上がって驚いたし母親を連れて現場に戻ってきた。

愉快な夏休みになりました…とひと言。
私はその夏に2回目の入院騒ぎになった。






















(2021.07.28 貴崎町)




キンギョソウ(金魚草)
オオバコ(←ゴマノハグサ)科キンギョソウ属 Antirrhinum majus
(2021.08.07 須磨離宮公園)


▲ 最初に撮った「骸骨」 ▲
--------------------------------------------------------------
キンギョソウ 二年前の果実 ホソバウンラン マバウンラン ヒメキンギョソウ


コメント   この記事についてブログを書く
« オカトラノオ(丘虎の尾) | トップ | ハンゲショウ(半夏生) »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事