HAYASHI-NO-KO

南アルプス 塩見岳東峰からの北望
(仙丈、甲斐駒、北岳、間ノ岳、農鳥岳 手前は仙塩尾根)

イヌビワ(犬枇杷)

2021-11-27 | 秋 樹木 果実・葉

葉が黄色く色づいて散り敷く頃に、冬芽・葉痕を撮る。
いつもそうしているのだけれど、今年は一向に黄色い葉が見えない。
果実がまだまだ枝に残っているし、葉も残っている。
























▲ 公園の南西、堀に残された雌株ではすっかり葉は落ちている。▼





イヌビワ(犬枇杷)
 クワ科イチジク属 Ficus erecta
イチジクと似た果実をつける。
イタビカズラ(崖石榴)もクワ科イチジク属(Ficus sarmentosa ssp. nipponica)
果実の大きいオオイタビも同じ。
(2021.11.26 田町・明石公園)

 ▲  イヌビワの雄花嚢 この緑の葉が黄色になって散る。 黄色になった晩秋の葉 ▲
--------------------------------------------------------------
今年のイヌビワ 今年の冬芽・葉痕 イヌビワ・イヌビワコバチ
ブログ記事一覧-HAYASHI-NO-KO (goo.ne.jp)


コメント   この記事についてブログを書く
« ウキツリボク(浮釣木 チロ... | トップ | イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨... »

コメントを投稿

秋 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事