HAYASHI-NO-KO

後立山 針ノ木・スバリ岳
    爺が岳南峰から

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

2023-01-27 | 冬 青色系

▲ ここでは、春。▲

花が咲いている。

草むらは緑だけれど、早く広がりすぎた葉は寒さ焼けで赤紫。




(2023.01.01 松江)


(2023.01.06 明石公園)

陽だまりではもう春。
数日後には10年に一度の寒波、平地でも雪の予報。
それでも陽だまりは春。
















































(2023.01.24 鳥羽)

雪が降ったからまだ日陰にはその名残。

それでも田んぼの陽だまりは二日も経つと元通りの春。
まだ花は少ないけれどホトケノザやナズナと一緒だから安心している。




オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) オオバコ科クワガタソウ属 Veronica persica
(2023.01.26 林崎町)


▲ 花冠の落ちた後のめしべ ▲

 

  
▲ 仏蘭西料理店の看板犬件社長のハイジは、老齢だけれど初めての雪 マダム撮影画像を拝借した。▲
 
▲ 何年かぶりの寒波、積雪でメダカの鉢にはかなり厚い氷が張った。▲
 
▲ 場所よっては冬の日常風景なのだろうから慎ましくしていたい。▲

-----------------------------------------------------------
オオイヌノフグリ2022  0116 0209 0216 0228 0311 0322 0405 花・めしべ 果実・種子
昔の画像 2013.02 2013.03

ブログ記事一覧-HAYASHI-NO-KO (goo.ne.jp)



2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵です。 (こいも)
2023-01-29 00:56:48
林の子さん
と~っても素敵なオオイヌノフグリですね。
暖かい春がより待ち遠しくなりました。
初めての雪に出逢ったワンちゃんの「ハイジ」・・・。
何を想ったのでしょうね~~~♬
つぶらな瞳には何が映ったのでしょう?
雪にも負けない「白い白いハイジ」・・・
すっご~く可愛い~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡
雪と氷の世界...見させていただきました。
雪化粧 (林の子)
2023-01-29 17:33:48
雪は殆ど降らないので、大変です。
枯れ枝が一面に散乱していました。
オオイヌノフグリを撮りに出かけた翌朝の雪化粧です。
雪の降った日以降は、雲も多く陽射しの無い冷たい日が続いています。
日常が雪との共生だと覚悟されている地方とは違って
雨も少ない当地ですから、寒さはやはり堪えますね。
氷が張ってメダカの心配をする程度の事ですがやはり非日常なのだと感じました。

コメントを投稿