HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

ヒマラヤヤマボウシ(ヒマラヤ山法師)

2019-06-01 | 春 樹木 果実・葉

年々木は高くなる一方で
花を撮るのが難しくなりつつある。
ヤマボウシとは違って少し厚めの葉が茂ってしまうと、花は隠れてしまう。




▲ 常緑だからだろう、葉には厚みがある。▼

▲ 苞葉も白では無く少し黄緑色に見える。花が大きい分、果実も大きい。▼

ヒマラヤヤマボウシ ミズキ科ミズキ属 Cornus capitata
(2019.05.29 須磨離宮公園)


▲ 秋の果実 普通に見るヤマボウシの果実よりかなり大きい。▲
--------------------------------------------------------------
須磨のヒマラヤヤマボウシ 京都のヒマラヤヤマボウシ 常緑ヤマボウシ 今年のヤマボウシ
ヒマラヤヤマボウシ(ヒマラヤ山法師)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヒナギキョウ(雛桔梗) | トップ | 山陽電車16 3100系-1 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見た感じですが・・・ (こいも)
2021-06-16 17:09:50
林の子さん
ヒマラヤヤマボウシですか・・・
花柄ががっしりとした・しっかりとしたところが
ヒマラヤヤマボウシに限りなく近い感じがします。
他にも色々あるのでしょうね。
今後も果実を見ることができたらと思いました。
ありがとうございました。
画像でもそう感じます。 (林の子)
2021-06-16 17:58:29
画像だけからの判断は早計の誹りを免れないのですが
時にはそれを基にして実際の樹の詳細を調べ直せば正解に近づくと思っていますので
是非果実の違いを見て置いて下さい。
ヤマボウシや、常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)と呼ばれているものと違い果柄も太くて立派な果実です。

コメントを投稿

春 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事