HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

クサノオウ(瘡王、草の黄)

2021-04-17 | 春 黄色系

全草に有毒成分を含む。
だから自然に広がるのだろうが、やはり素手で抜き去るのは良くない。
鎌倉では寺の外れの墓地に広がりすぎたのを
素手で駆除?していた方が、千切ると染み出る乳液に被れて酷いことになったそうだ。
至る所で見かけた草だけれど、関西では余り見かけない。




▲ 上はクサノオウの葉と蕾、下はヤマブキソウの葉と蕾 ▼













クサノオウ(瘡王、草の黄)ケシ科クサノオウ属 Chelidonium majus var. asiaticum

たまたま似た花が咲いていた。
植えられたヤマブキソウだ。










ヤマブキソウ(山吹草)ケシ科ヤマブキソウ属 Hylomecon japonica

(2021.04.11 森林植物園)
--------------------------------------------------------------
クサノオウ 京都 ヤマブキソウ


コメント   この記事についてブログを書く
« コチャルメルソウ(小哨吶草) | トップ | イロハモミジ(いろは紅葉) »

コメントを投稿

春 黄色系」カテゴリの最新記事