HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

モクゲンジ(木欒子、木槵子)キダチシモツケ(木立下野)

2021-04-17 | 【独り言】

すぐ横に、ヤマウグイスカグラがまだ花を咲かせている。
今日は日曜日、恒例の観察会の一団に何カ所かで出会う。
何年か前にウグイスカグラかヤマウグイスカグラかで参加されていた人たちが
カメラの前を平気で横切って、あろうことか枝を引っ張った。
別に占有している積もりも無いしかなり大きな株だから
カメラの前を横切ったり枝を引っ張ったりしなくても済む筈だった。
だからこの新葉を見ていると、観察会のガイドボランティアは
滔々と自信の知識の披瀝だけをすることに専念しすぎて
引率している人たちの勝手な行動を見ていないことに気付く。
今日の一団の中にも、話をそっちのけで毛がある、無いの議論をしているお二人がいた。














モクゲンジ(木欒子、木槵子) ムクロジ科モクゲンジ属 Koelreuteria paniculata
センダンバノボダイジュ(栴檀葉の菩提樹)の別名
APG分類体系では「もみじ」も同じムクロジ科に移っている。










キダチシモツケ(木立下野) バラ科ホザキナナカマド属 Sorbaria sorbifolia ver. stellipila
(2021.04.11 森林植物園)
---------------------------------------------------------------
冬芽・葉痕 モクゲンジ キダチシモツケ


コメント   この記事についてブログを書く
« カキドオシ(垣通し) | トップ | キランソウ(金瘡小草) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事