HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

タマスダレ(玉簾、珠簾)

2021-08-22 | 夏 白色系

この花も花壇には植えられることは、少ない。
広がりすぎていずれは捨てられることになるし
捨てられた場所で増え続ける。










(2021.07.22 林崎町)

同じ場所で増え続けている。






(2021.08.18 林崎町)

ここでも同じ場所で増え続けている。












タマスダレ(玉簾、珠簾)
 ヒガンバナ(←ユリ)科ゼフィランサス属 Zephyranthes candida
(2021.08.22 林崎町)


▲ 薄い橙色 こんな色も。▲
--------------------------------------------------------------
タマスダレ ゼフィランサス・カリナータ(サフランモドキ) ゼフィランサス・シトリナ
薄い黄色 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コセンダングサ(小栴檀草) | トップ | ツユクサ(露草) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちがやねこ)
2021-07-23 02:27:04
HAYASHI-NO-KOさん、今晩は。
♪あ、さて、あ、さて、さては南京玉すだれ…♪って歌いそうになる和名のタマスダレですが、英語名のゼフィランサスは、ギリシア神話の西風の神ゼフィルスを連想するような美しい名前…。どっちも好きです。…昔(小1の秋~小3の終わりまで)住んでいた家の庭に植わっていて、何かあの細長い葉をちぎってみたり、花を詰んだりしてやたら触っていた記憶があります。40数年前…はっきり言って50年近く前に住んでいたその家の庭にあったのを覚えている数少ない植物の一つです。子供心に「綺麗なお花やなあ」と思い、その頃からずっと好きな花ではありますね。(名前を知ったのは20年かそこら前)…今も仕事先の庭の片隅にあるし、たまに小っさい花瓶に入れたりしてます。そんなに広がりはしてませんが、毎年律義に咲いてくれるのが嬉しいです。(割りと放ったらかしなんで)←こらこら…。
PS.ハブランサスも好きです。こっちは20年ぐらい前あたりからかな…。タマスダレに似て可愛い花だというのと、もう一つ理由があるんですけどね。…ピンク以外もあったと思いますが、生協で球根を買っていくつか植えたんですが、何かあまり様子が良くないんですよね。…ちゃんと咲いてくれたら嬉しいんですが…。
何かめっちゃ余談になっちゃいましたね。すみません。
では、では。
いろいろですね。 (林の子)
2021-07-23 09:45:03
毎年同じ場所に出てくると花の名前も気になって覚えてしまいます。
花壇では整理されたり他のものと混植されたりで増え続けることは無いのでしょうね。
野辺に放置?されたものは、土さえあれば雑草の如く…です。
休耕田などでは思いがけなく塊になっていました。
ハブランサスや、時にサフランモドキなどの和名で呼ばれるゼフィランサス・カリナタなどは
少し大型なので花壇の花になっていますね。

コメントを投稿

夏 白色系」カテゴリの最新記事