HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

森林植物園ロックガーデン

2021-04-18 | 【独り言】

少しずつだけれど種類が増えていった。
今では増えすぎた幾つかの種類に、それ以上の種類が植栽されたから
いかにも…という雰囲気になってしまった。
無理がある…といってしまえばそれまでだけれど
人伝には一番人気のある場所になっているそうだ。
園の名前は、植栽でも開園から50年以上経って

それらの樹木が自然林の様な雰囲気を醸し出すまでになった森林を見せる場所に由来するのだろうけれど
この一角だけは自然に咲いているものには違いないのだけれど、寄せ植えになっては余り感心しない。
それでも見慣れない花を身近で見られることは良いことなのかも知れない。

見慣れない花はやはり足を運んだ場所でこそ…と思うのだけれど
今は何かと便利??になったものだと、変に了解している。

▼ ラショウモンカズラ(羅生門葛)▼





▲ ラショウモンカズラ(羅生門葛) シソ科ラショウモンカズラ属 Meehania urticifolia ▲

▼ イチリンソウ(一輪草)▼







▲ イチリンソウ(一輪草)キンポウゲ科イチリンソウ属 Anemone nikoensis  ▲

▼ ニリンソウ(二輪草)▼

















▲ ニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科イチリンソウ属 Anemone flaccida ▲

▼ トキワイカリソウ(常盤碇草)▼













▲ トキワイカリソウ(常盤碇草)  メギ科イカリソウ属 Epimedium sempervirens ▲

▼ スハマソウ(州浜草)▼

▲ スハマソウ(州浜草)キンポウゲ科スハマソウ属 Hepatica nobilis var. japonica f.variegata ▲

▼ シラネアオイ(白根葵)▼





▲ シラネアオイ(白根葵) キンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属 Glaucidium palmatum ▲

▼ カタクリ(片栗) ▼









▲ カタクリ(片栗) ユリ科カタクリ属 Erythronium japonicum ▲


▼ オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)▼



▲ オオバナノエンレイソウ(大花延齢草)シュロソウ科エンレイソウ属Trillium camschatcense ▲

▼ パンダカンアオイ ▼



▲ パンダカンアオイ ウマノスズクサ科カンアオイ属 Asarum Maximum  オオハナサイシン 
ここにはフタバアオイが植えられているのだけれど、ここまで広げることは無い気がする。▲

(2021.04.11 森林植物園)
-------------------------------------------------------------
ラショウモンカズラ イチリンソウ ニリンソウ トキワイカリソウ 
スハマソウ カタクリ オオバナノエンレイソウ


コメント   この記事についてブログを書く
« ナガバモミジイチゴ(長葉紅... | トップ | バイモ(貝母・編笠百合) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事