HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

シンテッポウユリ(新鉄砲百合 タカサゴユリ・高砂百合)

2021-09-01 | 夏 白色系

植栽されていると推察されるものは花が終わって
1㍍近く伸びていた茎が倒れこんでいる。
倒れこんでいる茎頂に果実が幾つか。


▲ 伸びすぎた茎は花後に果実が幾つも出来て、重さに耐えかねて倒れこんだのだろう。▼

▲ 長い花筒がついていた痕が基部に残る。▼





▲ 果実の先端を見ると6裂しそうだけれど、めしべの柱頭は3裂だったから、果実も3室で3裂する。▼


 
▲ 見慣れたタカサゴユリの果実 完熟果実は三室に分かれる。▲
未熟な果実だがここにある果実は少し違った形に見える。


別の場所では一輪だけタカサゴユリ。


















(2021.08.27 明石公園)


タカサゴユリ ユリ科ユリ属 Lilium formosanum
シンテッポウユリ Lilium × formolongi 別名ホソバテッポウユリ(細葉鉄砲百合)
テッポウユリ Lilium longiflorum
(2021.08.31 西新町)

 
▲ 花の姿 細長い花冠とこの赤紫の筋をタカサゴユリとしていた。 
右はテッポウユリとしている花 明らかに葉の様子は違うし花冠は短く太い。▲
--------------------------------------------------------------
シンテッポウユリ(タカサゴユリ) 果実 テッポウユリ(鉄砲百合)
10年前のタカサゴユリ 12年前の交雑種


コメント   この記事についてブログを書く
« ペニセツム・マクロウルム | トップ | アレチノギク(荒地野菊) »

コメントを投稿

夏 白色系」カテゴリの最新記事