HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

イヌマキ(犬槇)

2021-09-15 | 夏 樹木 果実・葉

果実と花托はまだ薄緑。
花托部分は肥大して赤く色づいてくると可食。

海が見える階段を下ると大昔、何度となく訪れた幸ちゃんの家があった。

そこから海まで100㍍無い。
岩屋神社の参道が海まで続いていたし
懐かしい中学時代の遊び場所の一つになっていた場所だ。
家並みは少しばかり変わったけれど路地の雰囲気は昔のまま。
海沿いの道路にイヌマキの生け垣、だけれど民家は少し離れている。














▲ 高校時代に幸ちゃんが住んでいた港町の海に近い石段はなんと今もそのまま残っていた。▲
(2021.07.16 港町)


















イヌマキ(犬槇) マキ科マキ属 Podocarpus macrophyllus
(2021.09.13 明石西公園)
-------------------------------------------------------------
イヌマキ イヌマキの果実


コメント   この記事についてブログを書く
« クヌギ(櫟、椚、橡) | トップ | ヒガンバナ(彼岸花)- 3(曼... »

コメントを投稿

夏 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事