HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

トウグミ(唐茱萸)ナツグミ(夏茱萸)

2021-05-21 | 春 樹木 果実・葉

川沿いの空き地に、大きな枇杷の樹と、トウグミ。
どちらも未熟だけれど果実が出来はじめている。






















トウグミ(唐茱萸)
 グミ科グミ属 Elaeagnus multiflora var. hortensis

かつてこの辺りには日本工具本社と第一工場があった。
今は住居表示も西新町に変わっている。
ナツグミ、だけれどここで果実を一度見たきりで、花は見ていない。


▲ 葉はトウグミと比べるとかなり大きい。▼







▲ トウグミの星状毛と違って、葉表には鱗状毛が見える。▼



ナツグミ(夏茱萸) Elaeagnus multiflora(=Elaeagnus multiflora var. oribiculata)
トウグミは学名ではナツグミの変種、花柄、萼筒も長く果実が大きいのだが
両者が並んでいなければ比較は難しく、やはり葉表の「星状毛」が決め手だと思っている。
(2021.05.10 西新町)

 
 ▲ ナツグミの葉表には、鱗状毛が見える。  ナワシログミ ナツグミ、トウグミが花を咲かせる頃にはこちらは果実をつけている。
葉表は鱗状毛だがナツグミほどには明瞭では無い。花筒・花柄ともに短い。▲
--------------------------------------------------------------
トウグミの花 ナツグミ(夏茱萸) ナツグミ→トウグミ ナツグミの冬芽
アリマグミ(有馬茱萸) ナワシログミ(苗代茱萸) トウグミ(唐茱萸) 


コメント   この記事についてブログを書く
« キクノハアオイ(菊の葉葵) | トップ | シュロガヤツリ(棕櫚蚊帳吊) »

コメントを投稿

春 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事