HAYASHI-NO-KO

唐松岳からの五竜岳

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2020-11-20 | 秋 樹木 果実・葉

黄色にしか色付かないイチョウの葉。
公園にもイチョウは何本か植えられている。
県立図書館の北側にある駐車場にも何本か植えられている。
剛ノ池の南にある一本は記念撮影ポイントになっている。


































イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)
 イチョウ科イチョウ属 Ginkgo biloba
(2020.11.17 明石公園)

秋も深まると、落葉の前に緑色の色素が分解されてなくなり
糖やアミノ酸がどんどんと葉にたまってきます。
ところがイチョウの葉には、アントシアニン(紅色の色素)を合成する遺伝子がない為に
葉は黄色く色付いてきます。
元々葉には黄色と緑の色素が含まれているのですが、葉が緑だった頃には
黄色が含まれる色素が少なかった為に目立たなかっただけです。
--------------------------------------------------------------
黄葉 イチョウの葉 今年の銀杏 緑葉


コメント   この記事についてブログを書く
« アオツヅラフジ | トップ | ヤマガキ(山柿)  »

コメントを投稿

秋 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事